« 侮るなかれ!小さなへこみ(・へ・) | Main | 知らなければ?どうする? »

小さくても深いへこみの場合・・・

多摩市よりご来店いただいたのはマツダプレマシーのオーナー様、スライドドアのど真ん中のエクボ・・・小さいのにその存在をはっきりと確認出来てしまうのはその深さが原因(-_-)。201005101

デントリペアは大きさよりも深さの限界があります、表面積に対してあまりにも深いとどうしても伸びが激しく絞りの限界点を超えてしまうことがあります。また強い衝撃を受けた場合は塗装面にもダメージを受けてしまうのでリペア後も完全に傷が消えることがありません。
但し、そのような状況でもきっちりリペアすることによってかなり目立たなくすることが出来るのでやはりその状況に応じたリペアを心掛けることが大切だと思います。201005102

へこみの状況を拝見してまずはリペアが可能か否か?、そして痕跡が残る場合でもその仕上がりイメージを正確にお客様にお伝えすることが出来るかどうか?リペア前の事前説明はとても重要ですね。
このへこみですが中心の深い傷は磨きでは消えないレベルです、ちなみにその左下にある傷は磨きで消える傷(磨きについても日々勉強あるのみです)・・・単なるエクボとは言え、中心がガチガチに硬くなっていますがこのように深いものは難易度が高くなります、傷を出来るだけ違和感なく残して歪みを抑えることにより至近距離で見ない限りわからないレベルになっています。
お客様にも大変喜んでいただくことが出来ました・・・板金塗装に比べて半額以下の料金ですが正直金額云々よりも仕上がりに於いて充分なメリットを感じていただけたものと思います。。。201005103_2


|

« 侮るなかれ!小さなへこみ(・へ・) | Main | 知らなければ?どうする? »

「デントリペア」カテゴリの記事

マツダ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86911/48326156

Listed below are links to weblogs that reference 小さくても深いへこみの場合・・・:

« 侮るなかれ!小さなへこみ(・へ・) | Main | 知らなければ?どうする? »